Look Melissa

Look Melissa

話題の商品・サービス・価格の総合比較サイト

脚やせの仕組みを理解しよう

すらりと伸びた美しい脚は、「美脚」と呼ばれ、女性の憧れです。脚やせだけでなく、痩せるためにまず取り組むのはダイエットですが、体重が落ちて上体は痩せても、下半身、特に脚だけは太いままだったりすることも少なくありません。元々日本人は脚やせしにくい体型だとも言われています。それは従来の日本人が畳の上に正座をする、と言う生活様式の国民だと言うことも大きな要因です。また何とか脚やせに成功しても、すぐにリバウンドしやすい箇所でもあります。脚やせをして、細くてすらりと伸びた脚を手に入れるには、最初に何故脚が太くなってしまって脚やせしないのか、その原因を知らなければなりません。脚やせしにくい原因としては、大きく分けて3つのことが考えられます。1つ目は脂肪で脚が太くなってしまっている場合です。これは血液中に流れる脂肪の量が多すぎることで起こります。2つ目は新陳代謝の機能が低下して余分な水分が脚にたまってしまっている状態です。「脚がむくんだ。」と言われるのがこのケースです。3つ目は骨格の歪みが原因の場合です。大きな原因はこの3つなのですが、これらはあくまでも主な原因であって、3つの要因がそれぞれ単独で脚やせしにくい体質を引き起こすと言うよりも、複雑に絡み合って脚が太くなってしまっていることが多く、例えば骨格の歪みが新陳代謝を悪くして、むくみや脂肪の蓄積を引き起こし、その結果、身体のダイエットは成功しても脚だけがポッテリとした「下半身デブ」になってしまっているのです。また仮に食事制限によるダイエットで身体だけでなく、脚も細くすることに成功したとしても、必要な筋肉まで落ちてしまって、骨と皮だけになってしまっては見た目も美しくありませんし、健康の面からも決して好ましいとは言えません。丸みを帯びるべきところは適度に筋肉をつけ、ラインの美しい脚、しかも一度手に入れたらリバウンドしない脚やせが、理想の美脚であると言えるでしょう。ただ体重を落とすだけのダイエットではなく、脚やせをするための、脚専用のダイエットが必要になって来ます。上半身のサイズや体重がそれ程変わっていなくても、脚がほっそりとやせるだけで、身体全体の印象は随分違ってくるのです。つまり脚やせに成功して、それを維持することができたなら、スタイルはグッと良くなって見えるのです。そのためには、正しい知識を理解した上で、正しい脚のダイエットを行わなければなりません。エステティックサロンやジムに通うにしろ、自宅で自己管理で行うにしろ、これらの正しい理解は絶対に必要なことなのです。「美脚は一日にして成らず。」なのですから、毎日たゆまぬ努力を続けて、是非美しい理想の脚を手に入れましょう。 

骨格の歪みを自宅で矯正して脚やせを目指そう 

脚やせをする前にまず、骨格が歪んでいるのかいるのかどうかをチェックしてみます。このチェックは誰でも自分で簡単にできます。最も簡単な方法は正座をした時に左右の膝の高さが揃っているかどうかです。他にも片足である程度の時間立っていることができない、いすに座っている時に気がつくと、いつも同じ脚ばかり組んでいて、その体勢が楽である、などの点が当てはまったならば、骨格の歪みを自覚した方がいいでしょう。ではなぜ骨格の歪みを治すと、脚やせするのでしょう。それは骨格の歪みが起こると、骨の周囲の筋肉は不自然な形に変形し、緊張して柔軟性がなくなります。そうすると血液やリンパの新陳代謝が低下しますので脂肪などの、ぜい肉が付いてしまうのです。こうなってくると体内の老廃物の排泄も困難になり、脚やせが難しい身体になってしまうのです。この骨格の歪みは、エステティックサロンや接骨院、整体院、整形外科などでも治してくれますが、時間的や経済的な理由で通えないという方も少なくありません。そういった方でも自宅で骨格を矯正することは可能です。骨格、と大雑把に言っていますが、主な部分は骨盤と膝の部分の矯正です。骨盤が歪んでいると下半身に大きなマイナスの影響を与え、脚やせしにくくなってしまうのです。では、その簡単に骨格を矯正する体操の代表的なものを見ていきます。まず後ろ歩きですが、何も長い距離を歩かなくてもいいのです。1日に20歩ぐらいで十分なのですが、リズムを刻む感じで後ろ向きに歩いて見ましょう。途中で振り返ったり立ち止まったり、速度を変えたりしないで、できるだけ同じ歩幅で歩きます。これを気長に続けていけば、膝の歪みは徐々に矯正されてきます。次は仰向けになって膝を胸の所まで抱えて上げたらそのままの体勢でゆっくりと円を描くように回します。5回ほど繰り返したら、今度は逆回りで回します。右回り、左回りとも5回ずつを1セットとして8〜10セット、毎日続けましょう。さらにうつ伏せになって膝を曲げて見ます。膝が内側に倒れにくい場合も、外側に倒れにくい場合も、ともに呼吸法と柔軟性の向上で正常に戻ってきます。他には、ウォーキングに代表される有酸素運動を行うことも大切です。ただし、脚やせに挑戦する場合には、間違ったダイエットで脚が異常に細くなってしまって、筋肉が落ちてしまっていると、美しく脚やせをすることが難しくなってしまうので、スクワット運動などで少し筋肉をつけてから脚やせにチャレンジしましょう。

ツボ押しで脚やせ

ツボを刺激することで体調を整える、と言う健康法があります。脚やせに大きな効果を発揮するツボももちろん存在します。そして脚やせに効果的なツボのほとんどが、下半身に集中しています。では具体的に、脚やせのためのツボの位置と名前、さらに刺激の仕方を見ていきます。まず最も分かりやすいのが、臀部の一番膨らんだ部分の真下のツボです。これは承扶(しょうふ)と呼ばれるツボで、ここを刺激すれば太ももやヒップを引き締めることができます。次は血海(けっかい)と呼ばれるツボです。これはひざの内側から指3本分延長線のところにあり、ふくらはぎのむくみを減らしたり、身体全体のホルモンのバランスを司っているツボです。足の親指と人差指の付け根から指2本分のところには、太衝(たいしょう)と言う、肝機能を高めて食欲を調整するツボがあります。風市(ふうし)と呼ばれるツボは誰にでも簡単に見つけることができます。まっすぐに立って両腕を自然に身体の脇に下ろします。その時に中指が太ももに触れますが、そこがツボです。この風市を刺激すると胆汁の分泌が促進される為、体内の脂肪の分解の効率が上がります。それだけでなく、胃酸を抑える効果もありますので、食欲が抑制され、脚やせに繋がるのです。三陰交(さんいんこう)と言うツボは一般的にもよく耳にするツボですが、これはホルモンの分泌量を調整したり、内蔵機能を整えますので、むくみを取りますし、結果として脚やせすることができるのです。三陰交の場所は内くるぶしの6センチ程上にあります。他に脚やせできるツボとしては、足の裏の「つちふまず」の中心近くにある湧泉(ゆうせん)があります。さて、ツボの押し方ですが、最初からツボ押し用の道具や先が丸くなったサインペンを使用する必要はありません。親指と人差し指の腹を使って、それぞれのツボを強めに20秒程圧迫した後、ゆっくりと離します。ツボを刺激したからと言って、その効果が瞬時に現れるものではありませんが、長い目で見れば新陳代謝を改善することで、太りにくい下半身を作ってくれて、脚やせをすることとなるのです。自分でツボを押して脚やせを目指す場合には、大切なことが3つあります。力の加減をすることと、焦ってやり過ぎないことと、思い出した時に押すのではなく、わずかな時間でも構いませんので、可能な限り毎日刺激することを続けることです。特に足の裏は「第二の心臓」と呼ばれるように、多くの臓器に関係するツボが集中していますので、きちんとツボの位置を調べてから刺激するようにしましょう。

お役立ちサイト

最新の人気商品や、話題の商品をどこよりも早くご紹介!

planetlife.tv


どこよりも早くとってもお得なお役立ち情報や生活に役立つ最新の人気グッズや商品をご紹介しています!

http://imbroadcast.com/


Makko.coならきっとあなたに最適なものが見つかります!トレンド情報満載のユーザー満足度ナンバーワンサイト!

Makko.co


みんなが気になる情報をいち早くご紹介!話題のニュースや、商品など幅広くお届けします!是非ご利用ください。

http://www.lightworddesign.net/